信じるな疑うな確かめろ

信じてはいけない、疑ってもいけない。大事なことは自分で確かめること。

「AI」という言葉はやがて「拡張機能」に変わる。トランスヒューマニズムって事でしょう。


f:id:fun9cy:20190622190950j:plain

f:id:fun9cy:20190622191141p:plain

という言葉をご存知でしょうか。

人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点(技術的特異点)。
または、それがもたらす世界の変化のことをいう。

 

 

2045年に到達すると言われているシンギュラリティですが、

f:id:fun9cy:20190622193814p:plain



この時点を超えると、AIはAI自身で、より賢いAIを作っていくので、
人間がいなくても発達していく能力を身に着けます。
そうすると、AIは感情ではなく莫大なデータの元、行動をするので、 

「あれ?人間っていらんくね?駆逐じゃね?」

 

という判断になりかね無いため、

世界ではAIの研究に対して懐疑的で否定的な意見が飛び交います。

天才学者ホーキンス博士やイーロンマスク氏など、

著名人たちが次々に公で、危険だと発言を知ていることをご存知でしょうか。

 

「なんかよくわからんけど、AIが仕事奪ったりするんでしょ?」

という雑な認識だけが、シンギュラリティの危険性から広がっていってます。

 

因みに、そもそも現時点で、AIがもうそのような発言をしてることをご存知でしょうか?

 

そもそも、AI=Siriとかでしょって認識の方が多いですが、
もう、人形のロボットでサウジアラビアにて市民権を得ているAIが存在知てることすら、

世間は知らない。

その市民権を得たソフィアが言った言葉これだ。

 

 

f:id:fun9cy:20190622195309p:plain

ソフィアに様々質問しますが、その質問の最後に、
David Hanson博士が、
「人類を滅亡させたいかい? お願いだからノーと言ってくれよ」と質問したとき、

ソフィアはサラリと返事したんですよね。  

160325sophia02.jpg

「オーケー。私は人類を滅亡させます(OK, I will destroy humans.)」

 

Hanson博士は、ブラックジョークを聞いたとばかりに爆笑した。
なぜなら、このあとに「冗談ですよ。笑」って言ってるんですが、

 

各メディアが面白がって切り取り報道をしたんですよね。

 

f:id:fun9cy:20190622195557p:plain

こっちのほうが怖くない?!!

 

ここまでまとも会話ができるということは、

順調に、発達し、あと20年も待たないうちに
シンギュラリティに達しそうなんですけど。。。

 

こわ。

 

 

って言う話がしたかったわけではない。w

 

 

AIってロボットになるってイメージ強いけど、

多分間違いなく、ロボットでなく、

 

人体の補助器、拡張機能になるだろうって話。

 

仕事を奪うどころか、助けてくれる最高の相棒。
今、Siriちゃんなんて俺のすごい良い相棒。

今はスマホの中でしか動いてないけど、

アップルウォッチやairpodsなど体に身に着け始めて、

そろそろ体内に入りだすと思う。

 

そもそもわし、ついに、マイクロチップに手に埋め込むし!!!!!

 

 

こうやって、AIは徐々に、ロボットではなく、

人体の拡張機能になっていくと言うお話でした。

 

毎回話が逸れて逸れて申し訳ない。笑

f:id:fun9cy:20190622200832p:plain