信じるな疑うな確かめろ

信じてはいけない、疑ってもいけない。大事なことは自分で確かめること。

世界の真実を知りたい皆様へ。ロスチャイルドが世界を牛耳ってるって言われる本質知ってますか?「これがロスチャイルドが知って隠したマネーシステムの全貌だ」


「世界はフリーメーソンに牛耳られている。」

ワシのブログを読むような人たちであれば、

こんな言葉を一度は耳にしたことはあるかと思います。

それの本質って知ってます?

 

 

会話のネタ的にフリーメーソンの話してません?
そういうなんちゃって都市伝説好きがあまりに多い。

正直都市伝説ってきらいやねん。

 

都市伝説テラー:関暁夫さんもよく言ってるけど、

都市伝説って言わないと人が耳を傾けないからそういうだけで、

 

世の中に置きてるんだよ!って。

さぁ、世界を牛耳るとはどういうことなのその本質は、この本の中に書いています。

 

f:id:fun9cy:20190524212332p:plain


安部芳裕氏 新著『ロスチャイルドが知って隠したマネーシステムの全貌』の出版記念講演会 増山れな&天野統康 民主主義緊急事態宣言 2018年6月30日

トランプ大統領も採用か⁉︎ブロックチェーンによる金融大激変などの最新新情報を追加して復刻!
『全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ』の完全新装版!

◯ ワクチン、予防接種の隠された意図、WHOや製薬会社は人口削減を推進しているのか!?
◯ 地球温暖化=CO2犯人説の大嘘は、なぜ世界中に広まったのか?
◯ 偽のテロ事件で大衆をパニックに陥れ、規制・管理・支配する手口は、あの911テロから本格化された。
◯ 移民受け入れ、外国人参政権問題の背後のある超タブーとは?


資本主義という「借金漬け」の経済システムに関しては、安部氏の分析はいちばんわかりやすい。本書は、当時の情勢をケーススタディに具体的に分析していますが、現時点で冷静に読んでみても、納得のできることばかり。国際銀行家たちの大衆支配の手口は、今も昔も同じなのです。あのトランプ大統領がコメントした「地球温暖化=二酸化炭素原因説」の大嘘も、今こそ読み返してほしいテーマです。とくに経済分析の第四章と政策提言の第6章は必読です。日本再建のヒントが詰まっています。

 

f:id:fun9cy:20190524212533p:plain


安部芳裕氏 新著『ロスチャイルドが知って隠したマネーシステムの全貌』の出版記念講演会 増山れな&天野統康 民主主義緊急事態宣言 2018年6月30日

はじめに 4つの危機は、世界政府樹立に向けた演出だったのか
第1章 [〝危機〟の捏造1]新型インフルエンザ─ワクチンによる人口削減の隠された意図
第2章 [〝危機〟の捏造2]地球温暖化─環境のため? いや金と世界政府のため!
第3章 [〝危機〟の捏造③]テロとの戦い──911は世界政府への周到な演出だった!
第4章 [〝危機〟の捏造④]金融危機──繰り返される「羊毛刈り」(借金漬け→破綻→担保没収!)
第5章 民主党の政策が日本を滅ぼす─日本が中国共産党に吞み込まれる日は近い!?
第6章 日本再生への処方箋─お金の民主化の実現へ
資料篇 〈外国人住民基本法(案)〉全文


 

f:id:fun9cy:20190524213825p:plain

安部芳裕(あべよしひろ)
1964年生まれ。関東学院大学卒業。環境問題の根幹にあるのは、経済システムの問題だと認識し、オルターナティブ(代替的)なお金である「地域通貨」に希望を見出す。1999年に地域通貨グループ「レインボーリング」を立ち上げる。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行ない、その実践をもサポート。 著書には、『だれでもわかる地域通貨入門』『なるほど地域通貨ナビ』(北斗出版)『ボクらの街のボクらのお金』(さんが出版)『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』(徳間書店)『日本人が知らない恐るべき真実』(晋遊舎)『金融崩壊後の世界』(佐々木重人氏との共著、文芸社)『嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー』(天野統康氏との共著、ヒカルランド)
などがある。豊富な資料をそろえ、マス・メディアが伝えない貴重な情報を発信している。