信じるな疑うな確かめろ

信じてはいけない、疑ってもいけない。大事なことは自分で確かめること。

医療

大麻解禁の時代に生まれたカンナビス料理、その「おいしさの科学」に迫る(Wired)

https://wired.jp 米国の一部で嗜好用のカンナビス(マリファナ)が合法化されているなか、食材としてカンナビスを用いた料理をつくるシェフがいる。その料理は、いかに生み出されているのか? 科学的根拠に基づく“おいしい一皿”の秘密をひも解いた。 マカロ…

「精子バンク」から考える命の価値

若者が小遣い稼ぎ感覚で提供した精子を、世界中の女性がネットで買う時代。AIDなど不妊の改善策として存在していた「精子バンク」。 はたしてこの存在は、世間にどんな影響をあたえてるのか。 2017年、日本とデンマーク外交関係樹立150周年を記念し、デンマ…

デザイナーズベイビーが遂に生まれた。人間を科学で作ることは悪行なのか?救済なのか?

DNAの配列を自在に編集でき、人体を望んだ通りの形にできる技術 CRISPR Cas9(クリスパーキャスナイン) という技術をご存知だろうか。 この技術を使って、生まれてくる子供を デザイナーズベイビーと呼ぶ。 デザイナー・ベビー―生殖技術はどこまで行くのか …

六本足の鶏・・・これが嘘か真かって?これを見てもあなた達は、噂で都市伝説で済ませますか?

明らかに合成だよね。笑 こういうことするから、人々が『やばいこと』を都市伝説って済ましてすまうんだよな。。 かの有名なフライドチキンの有名なチェーン店が コスト削減の為、6本足の鶏を飼育してるなんていう恐ろしい噂が流れたよね。 これが、本当か…

抗がん剤は被爆します。

全ての抗がん剤ではないですが。 いくつかの抗がん剤は被爆する可能性があります。 医療従事者の方が、抗がん剤を素手で取り扱うことで被爆することが問題になっています。 抗がん剤に対するばく露防止対策 | 日本看護協会 かなり改善はされていますが。 こ…

ヒトiPSから卵原細胞の作製に成功、京大チームが新成果(MIT TECHNOLOGY REVIEW)

皮膚細胞から赤ちゃんを作るという「画期的な体外受精」の実現に向け、日本の科学者チームが新たな一歩を踏み出した。 日本の科学者チームは、最新の研究成果をサイエンス誌に発表した。京都大学の斎藤通紀教授らが率いるチームは、女性ボランティアから採取…

この世にパーフェクトヒューマンは存在する!遺伝子操作がもたらす恐るべき未来。

ね、これに関しては、みんな 「パロディだ」ってゆーてるけどね、